ジョシュ・ブローリン出演のおすすめ映画5選!

josh2

出典:http://www.imdb.com/

1985年に「グーニーズ」で映画デビューを果たしたジョシュ・ブローリン。

テレビドラマの脇役が多かったものの、
2007年にコーエン兄弟の「ノーカントリー」や、
2008年の「ブッシュ」でジョージ・ブッシュ大統領を演じ、注目を集めました。

その後も演技力を生かして活躍している俳優です。

ここでは、ジョシュが出演している作品の中でも
特におすすめの映画をご紹介します。

スポンサーリンク


1、「グーニーズ」(1985年)

開発迫る港町を舞台に、海賊の財宝を探して
悪ガキ集団”グーニーズ”が繰り広げる冒険が描かれています。

地下に広がる大洞窟でのアクションは見所です。



2、「ミルク」(2008年)
1970年代のアメリカで、同性愛者であることを公表して
公職に就いたアメリカ初の政治家
ハーヴェイ・ミルクの生き様を描いた伝記ドラマです。

個人の権利を守るために戦い、凶弾に倒れたミルクの熱演と、
今なお尊敬の念を集めるミルクの愛すべき人柄を
フィルムに焼き付けたガス・ヴァン・サント監督の手腕を堪能できます。

本作品では、ジョシュは助演男優賞を受賞しました。



3、「メン・イン・ブラック3」(2012年)
スティーブン・スピルバーグが製作総指揮を担当している
「メン・イン・ブラック」シリーズの第3弾です。

地球で暮らすエイリアンの監視を任務する男たちの奮闘を描いています。

おなじみの名コンビの片割れが
相棒の謎を調べるために、
40年前にタイムスリップすることになる顛末を、
生き生きと映し出しています。

ジョシュは、40年前の若きエージェントKを演じます。



4、「オールド・ボーイ」(2013年)
ジョシュ・ブローリンが主演の、
日本のコミックを韓国の鬼才パク・チャヌク監督が
映画化したクライムサスペンスを、
スパイク・リー監督がリメイクした映画です。

ちょっとややこしいですね・・・

理由は一切不明なまま20年間も監禁されて
突然解放された男の壮絶な復讐劇を、
原作コミック、韓国版のベースを生かしつつ
新解釈を織り交ぜて描いています。



5、「エベレスト3D」(2015年)
世界中の登山家を魅了するエベレストで
1996年に起きた遭難事故を
バルタザール・コルマウクル監督が映画化。

死と隣り合わせの標高8000メートルを超えた
デスゾーンで極限状態に追い込まれた登山家たちの
サバイバルを迫力ある映像で映し出されています。

また、3D映画の可能性をまた一つ示した、
身の縮むような立体効果が生む迫真性も見どころの一つです。



スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ