日本ではウォーキングデッドでメジャーに!?ジョン・バーンサル。

ジョン・バーンサル

出典:http://www.imdb.com/

全世界で大人気のゾンビ系ヒューマンドラマ「ウォーキング・デッド」で
主演の一人を務めたジョン・バーンサル。

ドラマのゲスト出演、
オフブロードウェイの舞台でスキルを磨き、
実直に経験を積んできた俳優です。

その実力が認められ、
多くの映画や海外ドラマに出演しています。

ここでは、ジョンの生い立ちや出演映画などをご紹介します。

スポンサーリンク


ジョン・バーンサルの生い立ちと出演映画

アメリカ・ワシントンD.C.で、
1976年9月20日にジョーン&エリック・バーンサル夫妻の元に生まれました。

メリーランド州キャビンジョンで育ちます。

父のエリック・ローレンスは
レイサムアンドワトキンス外国法共同事業法律事務所の弁護士です。

父方の祖父はミュージシャンで
プロデューサーのマーレイ・バーンサルです。

ジョンにはトーマスとニコラスという兄弟がいます。

シドウェル・フレンズ・スクールを卒業し、
スキッドモア・カレッジに入学します。

その後にモスクワ芸術座付属演劇大学にて学びます。
その間、ロシアの欧州プロ野球連盟でプロ野球選手をしていました。

マサチューセッツ州ケンブリッジの
アメリカン・レパートリー劇場にて
ハーバード大学の
Institute for Advanced Theater Training
のディレクターに見出され、
修士号の勉強のために招待されます。

2002年にアメリカン・レパートリー劇場を卒業し、
美術の修士号を得ます。

2002年以降30以上の舞台に地方や
オフブロードウェイに立ちます。

Fovea Floodsという自身の劇団でも多くの舞台に立ちます。

いくつかのドラマ出演を経て、
ドラマ「The Class」や
映画「ワールド・トレード・センター」
「デイ・ゼロ」に出演します。

2009年に「ナイト・ミュージアム2」に
アル・カポネ役で出演。

同年にドラマ「Eastwick」に出演します。

2010年にドラマ「ウォーキング・デッド」でブレイク。
日本でもこのドラマをきっかけに顔を覚えられた方も多いのでは!?

以降、映画「オーバードライブ」、
フランク・ダラボン制作ドラマ「Mob city」
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」
「リベンジ・マッチ」などに出演します。

2010年に結婚し、現在は3人の子供に恵まれています。

ジョン・バーンサルの身長

178cmの身長のジョンは、ボクシング経験があり、
プロ野球選手の過去もあります。

10代の頃はどうしようもない悪ガキで、
スポーツをやるために大学に行ったそうですが、
何をしていいのかわからず問題ばかり起こしていたそうです。

退学をしかけていた頃に演劇クラスの先生に
「ロシアに行ってモスクワ芸術座付属演劇大学に入学しなさい」
と言われたことが人生を変えたきっかけになったそうです。

ジョン・バーンサル出演「ウォーキング・デッド」

※以下の記事はウォーキングデッド未視聴でこれから見る方はネタバレです!!
ご注意ください。


ちなみにウォーキングデッドは、
Amazonプライムでシーズン5まで見放題です。



以下ネタバレ注意!!

大人気ドラマ「ウォーキング・デッド」は
ロバート・カークマンとチャーリー・アドラードのコミックが原作です。

ドラマ版の「ウォーキング・デッド」は
原作から様々な改変が加えられています。

その一つが、ジョンが演じたショーンの寿命です。

コミックではショーンはもっと早い段階で死亡していますが、
ジョンの好演によりショーンが人気のキャラクターになったため
出演シーンが増やされました。

シェーン最期のシーンでは、
90%がアドリブで他のキャストたちも
現場に集まってみんな見ていたそうです。

とても素晴らしい夜だったといいます。

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ