役作りに真摯に取り組む実力派、ジェシー・アイゼンバーグの映画

socialnetwork
ジェシー・アイゼンバーグを一躍有名にしたのは、
2011年の「ソーシャル・ネットワーク」です。

この映画は、フェイスブックの創設時の模様を描いた作品です。
ジェシーが演じたのは、主役のマーク・ザッカーバーグです。

でも、この映画の出演がきまったとき、
ジェシーはフェイスブックのことも、
マーク・ザッカーバーグのこともあまり知らなかったといいます。

スポンサーリンク



実話を基にしているので一部尻すぼみに感じられるかもしれませんが、
起業から一気に大きく成長した企業の創業者ストーリーは、
見る側を惹きつけます。
予告編貼っておきますので、面白そう!と思われたら是非ご覧ください。



この映画で、ジェシーはアカデミー賞主演男優賞にノミネートされました。

受賞こそ逃したものの、数々の映画賞を受賞、
もしくはノミネートされ、一躍若手実力派俳優として注目を浴びるようになります。

そして、2013年の「グランド・イリュージョン」では、
主役のマジシャン、アトラスを演じました。
この映画は4人のマジシャンが大金を盗み出すというクライムエンタテインメントです。
協力するマジシャンのリーダー的存在が、ジェシー演じるアトラスです。

この映画を演じて、彼は「マジシャンは俳優に似ている。アトラスが舞台に立つときの自信たっぷりな様子が勉強になった」と、
この後の舞台ではもっと自信をもって演じられるようになったと語っています。

最近では、2016年に公開が予定されている
「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」に出演しました。

スーパーマンとバットマンという2大ヒーローが同じスクリーンで楽しめる娯楽映画ですが、
スーパーマンの宿敵レックス・ルーサーをジェシーが演じています。

彼は、今までに演じてきた役と同じような役作りでなく、
新しい役にどんどん挑戦したいというようなことも語っています。

また日本での2016年公開を予定している、
「エージェント・ウルトラ(原題:アメリカン・ウルトラ)」も楽しみな作品です。



この作品ではクリステン・スチュワートとの共演も話題になっていますが、
クリステン・スチュワートとの共演作品をご紹介しているページがありますので、
そちらもご覧ください。

まだまだ役者としては、生まれたばかりの新星という感じでしょうか、
今後の活躍に期待ですね。

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ