オーウェン・ウィルソン、ケイト・ハドソンとの交際

自殺未遂するほど夢中になった女性、3度目の復縁も失敗


オーウェン・ウィルソンとケイト・ハドソンが出会ったのは
2006年の「トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合」での共演がきっかけでした。



当時のオーウェン・ウィルソンとケイト・ハドソン、どちらも若いですね。
ケイト・ハドソンがまた綺麗です。
オーウェン・ウィルソンとケイト・ハドソンの交際がこの作品から始まったと思うと、
女優、俳優も一人の人間(当たり前ですが・・・)だなぁ、と身近に感じながら鑑賞してしまいました。

スポンサーリンク


2006年9月から交際を開始しましたが、春ごろに破局します。
その年2007年の8月に、オーウェンが自殺未遂を犯したことが大きく報道されました。

このオーウェンの自殺未遂のあと、ケイト・ハドソンは「彼をサポートする」といって、また彼と付き合い始めました。
復帰作「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」のロケ地には、ケイトもやってきて彼を見守っていたそうです。

ケイト・ハドソンはその年の誕生日もオーウェン・ウィルソンと一緒に過ごし、婚約も噂されたほどでした。
しかし、このときもあえなく破局。
しかも、オーウェンと別れた後に、ケイトは彼の友人であるランス・アームストロングと交際を始めてしまいます。
女性はこわいですね。。。

このときの破局の原因ははオーウェンの浮気が原因で、
ケイトは恋の痛みを癒すために彼の友人と交際を始めたと、当初は報じられました。

しかし、真相は逆で、実はランスと浮気したために破局を迎えたのではというのが本当のところのようです。

オーウェン・ウィルソンとケイト・ハドソン3度目の復縁も実らず

オーウェンは、ケイトが自分の友人と付き合うために彼と別れたということにかなり落ち込んでいたと言われているんです。

でも、そんな仕打ちをされても、やっぱり彼女のことが好きなんでしょうね。
3度目の復縁をしたというのですが、それも破局に終わっています

二度あることは三度あるといいますが、「やっぱりな」という感じがして仕方ないですよね。

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ