イ・ビョンホンの作品はドラマだけじゃない!ファン必見の映画9選


イ・ビョンホンは、テレビドラマでの活躍で有名になった韓国俳優ですよね。

日本でも韓国ドラマが人気になり、
特に彼が出演している2009年の「アイリス」は、
日本のゴールデンタイムに放送され話題になりました。

日本における韓流ドラマブームの立役者的存在です。

そんなイ・ビョンホンのファン必見映画を9つご紹介します!

スポンサーリンク


イ・ビョンホン ファン必見 9選!


誰が俺を狂わせるのか

90年代は、ドラマでの活躍が主流でしたが、
95年に映画デビューとなる「誰が俺を狂わせるのか」に出演しました。

コメディ映画ですが、作品そのものは微妙。
しかし、ファンならデビュー作は見ておきたいですね。

イ・ビョンホン演じる主人公が恋する相手とも、
仕事もうまくいかずうっ憤を晴らすものの・・・
ざっくり、そんな内容です。

JSA

そして2001年公開の映画「JSA」では、
朝鮮半島の南北境界線を題材としたストーリーで、
韓国軍兵士の役を演じました。
この映画で、第1回釜山映画評論家協会賞・主演男優賞を受賞しています。



甘い人生

2005年公開の「甘い人生」は頭脳明晰な男が
恋愛におぼれて転落していく様子を描いたものです。

この映画でイ・ビョンホンは主人公を演じ、
これがきっかけでハリウッドのエージェンシーを契約
することになったといいます。



HERO

日本の人気ドラマが映画化された、
2007年の「HERO」では、イ・ビョンホンがゲスト出演しています。
カン・ミンウというエリート検事役でハマってます!

このときすでに、日本ではすっかりなじみの韓国俳優でしたね。



G.I.ジョー

イ・ビョンホンがハリウッドデビューしたのは、
2009年の「G.I.ジョー」です。
このSFアクション大作では、悪役にも挑戦しています。



アイリス THE LAST

2009年のテレビドラマ「アイリス」の大ヒットを受けて、
その続編として映画化されたのが、
2011年公開の「アイリス THE LAST」です。
韓国国家安全局の特殊要員を描いたものです。
スリリングな展開は必見です!



王になった男

イ・ビョンホン初の時代劇として話題になった映画が「王になった男」(2013年)です。
韓国で1000万人以上の観客を動員して大ヒットしました。



ターミネーター:新起動 ジェニシス

2015年には「ターミネーター:新起動 ジェニシス」に出演、
イ・ビョンホンはT-1000を演じ、アーノルド・シュワルツェネッガー、
エミリア・クラーク、エミリア・クラークらと共演しました。

人気シリーズものへの出演ということもあり、
作品の品質にも厳しい目が向けられるものでしたが、
見事に評価の高い娯楽作品として認められています。



メモリーズ 追憶の剣

そして、2016年には「メモリーズ 追憶の剣」が公開されます。

「王になった男」以来4年ぶりの韓国映画主演作にあたります。
初めてカンヌ国際映画祭の主演女優賞を受賞した韓国人女優、
チョン・ドヨンとの共演も見どころのひとつです。



スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ