クリステン・スチュワート 旭日旗ファッションが韓国で大批判!?

旭日旗
クリステン・スチュワートが旭日旗を着て韓国を訪問したとして、
韓国での批判が高まったのは2015年の5月のことです。

これは、クリステンがソウルで行われた、
2015年シャネル・クルーズコレクションに向かったときのことです。
ちなみに余談ですがクリステン・スチュワートは、
シャネルのショートムービーでココ・シャネル役での出演も予定されています。

当時アメリカの芸能メディア「スプラッシュドットコム」が
ロサンゼルス国際空港から仁川行き飛行機に
搭乗するクリステン・スチュワートを撮影したときのことです。

スポンサーリンク



彼女のファッションはアイボリーのニットと黒ジーンズ
でシックに搭乗したのですが、
問題はニットの中にわずかに見えたTシャツです。

白地に旭日旗をデザインしたと思われる模様のプリントが。

旭日旗は日本が太平洋戦争時に
アジア諸国を侵攻したときに使った旗であり、
アジア諸国にとってはいまだに
当時の日本帝国主義の象徴でもあります。

これに、韓国人のナショナリストが反発して、
ネットでもアンチクリステンのコメントが盛り上がっていた様子です。

今までにも海外スターがアジア諸国を訪問の際に
同じように失敗を繰り返していることから、
「知らなかった」では済まされないという論議が起こりました。

中には、「クリステンは日本ひいきだったのか、好きだったのに」
というようなコメントもあり、
日本人としては何となくしっくりこないですよね。

一方で、「ファッションは自由」
「外国人なんだからいちいちつっこむのはおかしい、
久しぶりの訪韓なんだから、いやな思い出を作ってくれなきゃいいけど」
というコメントも。

この件に関してクリステンのコメントは特にないようですが、
彼女はあまり何も考えていなかったのでは?
というのが率直なところですが、
周りの大人が少し注意してあげるべきだったかもしれません。

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ