ケイト・ブランシェット渾身の映画「キャロル」

ケイト・ブランシェット映画「キャロル」
現在3人の子どものママでもあるケイト・ブランシェット。

アカデミー賞主演女優賞、助演女優賞と二つのオスカー像を受賞している
実力派女優のケイト・ブランシェットの最新作「キャロル」が2016年2月に日本で公開。

高い演技力と年を重ねても変わらない
ナチュラルな美しさが評判のケイト・ブランシェットから目が離せません!

スポンサーリンク


今年一番!心揺さぶられるラブストーリー「キャロル」がとっても面白そう!

1950年代ニューヨークを舞台に、
女同士の美しい恋を描いたラブストーリー「キャロル」。

高級百貨店でアルバイトをするルーニー・マーラ演じるテレーズは、
クリスマスで賑わう売り場で、
美しくどこかミストリアスな雰囲気を醸し出す
ケイト・ブランシェット演じるキャロルを見つけ、一目見て憧れの感情を抱く。

しかしテレーズは不幸な結婚、偽りだらけの人生、
そして大切な娘を夫に奪われようとしている、
美しさに隠れたキャロルの本当の姿を知り、
憧れから思いも寄らない感情を持つようになるというストーリーです。

まだまだ保守的な時代である1950年代で、
同性愛を認めないという排他的な風潮に
二人はどう立ち向かうのかも見所の一つでしょう。

キャロル役を演じるケイト・ブランシェットは
この作品について、「これは性的倒錯を超えたラブストーリーだと思った。
性的嗜好に関わらず恋に落ちることは、誰でも起き得ることよ。津波のようなものでしょう。」
と語っています。

<映画「キャロル」予告編>


カンヌ国際映画祭を熱狂に包んだ「キャロル」。二人の美しすぎる女優の共演から目が離せない!

アカデミー賞最有力候補との声もある「キャロル」。

その見所の一つでもあるのが、
映画「ソーシャルワーカー」で主演の恋人役を務めた若手女優
ルーニー・マーラと二つのオスカー像を受賞している大女優
ケイト・ブランシェットの美しすぎる二人の大女優の共演です。

カンヌ国際映画祭で観客を熱狂に包んだこの作品ですが、
なんとゴールデングローブ賞で最多ノミネートを受けるなど、
数多くの賞を受賞していることでも注目を集めています。

海外メディアからの評判も高く、
ケイト・ブランシェットの演技も
「これまでで最高の演技だ」と高く評価されています。

今年一番の心をゆさぶられるロマンス映画、「キャロル」。

絶賛されているストーリーはもちろん、
ケイト・ブランシェットの演技にも注目です!

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ