アビゲイル・ブレスリンが出演するゾンビ映画

abigailbreslin2

出典:http://www.imdb.com/

3歳にしてCMデビュー、そして6歳のときに映画デビューしているアビゲイル・ブレスリン。

10歳のときにはなんと第79回アカデミー賞で
助演女優賞ノミネートされている実力の持ち主です。

そんな若手実力派女優として名高いアビゲイル・ブレスリンが
出演するゾンビ映画が面白い!

スポンサーリンク


アビゲイル・ブレスリンが出演する最新映画「マギー」異色のゾンビ映画

2016年2月に日本公開の映画「マギー」。
アーノルド・シュワルツェネッガー主演、制作のゾンビ映画です。

ゾンビ化するウイルスが蔓延していく近未来を舞台に、
最愛の娘がウイルスに感染した時、
父親の取るべき行動と家族愛を描いた、
今までにはない新しいゾンビ映画となっているこの作品。

父親役にアーノルド・シュワルツェネッガー、
そしてウイルスに感染しゾンビ化していく娘をアビゲイル・ブレスリンが演じます。
筋肉隆々でアクションのイメージが強いアーノルド・シュワルツェネッガーが
今作品ではアクションを封印。
力ではどうしようも出来ない無力感が
とても伝わってくる作品になっています。

また、ゾンビになっていく娘役を演じるアビーも
ゾンビ化していく苦悩と反抗期の少女の思いをとても上手く演じています。
さすが10歳という若さでアカデミー賞助演女優賞にノミネートされただけあります。

全米では2015年5月に公開された「マギー」。
日本公開は1年弱後の2016nen2月。

<映画『マギー』予告編>


ゾンビ映画だけどコメディ!?ゾンビランド

実は、ゾンビ映画に出演するのはこれが二度目になるアビー。
一度目は13歳のときに出演した「ゾンビランド」という映画。

こちらの作品は、ゾンビであふれかえる世界を舞台に、
偶然出会った男女4人が繰り広げるサバイバルを、
ブラック・ユーモアと過激なバイオレンス描写で描き出しています。

そう、映画「ゾンビランド」はなんとコメディー映画なのです。

ついつい笑ってしまうコミカルな演技にも注目のこちらの作品で、
アビーはゾンビに立ち向かうプロの詐欺師姉妹の妹役を演じています。

<映画『ゾンビランド』予告編>


現在19歳のアビー。
キュートな子役時代とは打って変わって、
最近ではその色気たっぷりな姿も注目を浴びていますよね。

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ